社員証を知る

社員証は、会社員にとって重要な存在となっています。
オフィスのドアロックを解除する鍵の役割を担っており、会社の外に出れば身分証明書の意味合いも持つため、常に携帯している従業員も多くなっています。
会社によっては、オフィス内では社員証を付けることを義務付けているところがあります。
しかしながら、ランチなどで社外に出る場合も付けたままでいることはリスクが高いと考えられています。
今回は、その件についてご説明します。

社員証を付けたままのランチが危ない理由とは?

社員証を付けたままのランチが危ない理由とは? オフィスの中で社員証を見えるところに付けることを求めている会社が増えており、セキュリティ面などから従業員とそれ以外の人たちを確認する上で有効であると考えられています。
しかしながら、ランチなどで外出する際に社員証を付けていると、個人情報が丸見えになっていることになり、氏名と写真、会社名などが第三者から分かる形になってしまいます。
氏名と会社名が分かれば、職場の電子メールアドレスを予想することができ、迷惑メールなどが送信されてくるリスクがあります。
そのため、ランチなどで外出する際には、社員証を付けないように指導する企業もあり、いろいろなセキュリティ面で、外す方が望ましいと考える人が多くなっています。

社員証を付けたまま社外に出る意味はある?

社員証を付けたまま社外に出る意味はある? 社員証を付けたまま社外に出るシーンは、社会的にも知名度のある大手企業であれば一定の効果をもたらす可能性があります。
例えば地域の電力会社やガス会社であれば、検針作業を行う上では民家などの建物に赴くケースがありますが、ネクストラップに社員証を入れて置けば不審者と間違われなく済む可能性があります。
もし不審者だと疑われても、それを提示することで正当な業務で作業を行っていると証明することが可能です。
また訪問営業や人と接する仕事を行う場合には、その人が企業の社員であることを証明するためのものとして活用することも可能となります。
実際にお客さんの元でそれを提示してから、会話するという流れで活用していたりします。
従って場合によっては、それを付けたまま社外に出る意味もあります。
ただ多くの場合、そのビルから出る時に入出管理のため社員証を用いているケースが多いため、忘れないためにも付けたまま外に出るケースも多いです。
その場合はほとんど別に付ける必要性がないにも関わらず付けて外に出るのは、無くさない様にするためで、対外的な使用で社員であることの証明を意識されることは少ないかもしれません。
特に大手企業のビルの周辺の飲食店やコンビニなどでは、社員証を付けたまま社外に出ている人も多く、第三者から見てもそのビルに入っている企業の社員の方だと理解される場合は多いです。

社員証を使って食堂をキャッシュレスにする

タイムカードをデジタル化している企業も多いですが、いつも社員証を首から下げさせている会社であれば、中のICチップを使って様々な事が可能です。
機密情報のある部屋の鍵を、そのICカードの情報で解錠出来るようにすることも出来ます。
さらにシステムを構築すれば社員食堂の支払いを社員証で行う事も可能でしょう。
これはキャッシュレスの流れになるので、例えば外に行く習慣がなく、お昼はいつも社員食堂でとる社員にとって、非常にありがたい仕組みです。
そのキャッシュは天引きしてもいいですし、チャージ式にするなり社内専用ポイントにするなり、遊び心のある仕組みにも出来ます。
一度何が可能か考えてみるといいかもしれません。
当然ながらタイムカードにも使えるので、変な不正も出来ませんし、毎日さげていて当たり前の用に便利に使えるガジェットとして、社員教育にも良いでしょう。
大きな企業ほど堅苦しい規則がありがちですが、一部でも面白さがあると毎日が楽しいものです。

社員証の機密管理に必要なポイントについて解説

社員証にはICチップが取り付けてある者が主流で、ICチップの中にはオフィスなどに入れるためのシリアルキーが登録されています。
退職者などはこの権限をはく奪することで会社における機密管理を行っているわけですが、必要なポイントはほかにもあります。
もちろん退職時に社員証を回収することはもちろんですが、利用できなくなった場合に一定の条件のものとで以降使うことができないようにするといった仕組みを導入することです。
イメージとしてはクレジットカードに似ていて、盗難があった際のカード利用の停止に似た仕組みになります。
つまり社員証ごとにデータベース化し、管理することで様々な用途に使用が可能となります。
例えばあるオフィスには入室できるが別の地域のオフィスへの入室に権限を持たせないことや、セキュリティエリアなどに一般従業員は入室できないような仕組みを設けることなどが挙げられます。
リモートワークが普及すれば、従業員の稼働状況も社員証を通じて管理も可能なのです。

写真付きの社員証を作りたい場合にはどうしたらいいか

社員証と呼ばれるものがありますが、それを掲げていることはとても重要なことです。
特に外回りをする場合には、それをつけているだけで怪しい人とは思われないはずです。
ただ社員証の中にも様々な種類があり、よりその人であることを証明するためには、写真付きのものが理想的と言えるでしょう。
写真付きにする場合は多少お金はかかりますが、それなりの効力もあるわけです。
場合によっては写真があるものにして社員の信用性を高めることが大事になります。
これを行うためには、自分たちの分は自分たちで作ることもできなくありませんが、なかなかの手間がかかってしまいます。
従業員が5人から10人程度の場合には、その会社の事務員が行えば問題ありません。
パソコンとプリンター等があればできなくもないです。
しかしながら、従業員が100人いる場合やそれ以上いる場合には、かなり手間がかかってしまいます。
この場合には外部の業者に任せた方が良いかもしれません。結果的に良いものが仕上がるはずです。

社員証に載っている顔写真の更新頻度はどのくらいなのか?

社員証とは会社においてその会社の社員であることを示すもので名札のような役割があります。
社員証があることにより会社の一員であることが分かりやすく社外の人からも安心感をもってもらうことができます。
社員証の記載項目には氏名、社員番号、入社年月日、顔写真などがあります。
氏名のところにはローマ字を入れる企業が多くあります。ローマ字を入れることにより名前の読み方がわからない場合などでも正しい氏名を知ることができます。
最近では顔写真を入れない企業もあります。
社員証は多くの人に見られるため写真を気にする方も多くいると思います。
そんな顔写真の更新頻度について説明します。
写真の提出は5~10年に一度という企業が多いと言われていますが企業によって違いがあります。
写真の提出は頻繁には行われないため体型や髪型が変わっていりすることもよくありますよね。
写真についてはないほうがいいと感じる方もいるかもしれませんが写真は身分を証明する上で大切なものです。

ユニークな社員証とはそのアイデアに繋がるヒントについて

社員証というと所有する人が社員だと会社が認めるもので、一般的にはカードタイプが採用されているのではないでしょうか。
顔写真と名前や所属、肩書などは定番ですが、一方では写真と名前以外に社員番号だけとシンプルなところもあります。
その人が誰で本当に社員かどうか分かれば最低限、社員証の機能を発揮することになるので、デザイン重視であれば属性情報を削るのもある意味でユニークなアイデアだといえます。
逆に記載する属性を増やし、情報量が多いデザインを採用している社員証も存在します。
ただ、業務に直接関わらない属性情報の記載は、人によっては好ましくないと思われるので注意が必要です。
基本的に社外向けではない社員証ですが、会社を訪れる取引先などの人が目にすることで、その会社の一員ということが分かり安心感が得られるのも確かです。
そこで顔と名前を大きく印刷するアイデアも検討できますが、カードではなくケースの方を工夫して、例えば企業が扱う商品の形をモチーフにするのは、ユニークで実用的なアイデアだといえるのではないでしょうか。

社員証内のICチップと人事異動があった場合

社員証にICチップを埋め込んで、入退管理に使っている会社も多いのではないでしょうか。
紙のタイムカードをやめてICでの管理にしている会社は、全部がデータなのでそこから吸い出して総務の総合データベースにまで連動し、タイムカード処理を簡易化しています。
これは社員証に入っているデータを使っているのですが、実際には番号だけ取得してシステム上で照合しているので、細かい社員データが入っているわけではありません。
人事異動が行われてもシステムに記録されている部署データを書き換えるだけで、問題なく動くように設計されているのが普通だからです。
そのため紛失してしまっても、管理者にすぐ連絡しておけば勝手に会社に入られるなどの問題も発生しません。
ICチップの内容は書き換えられるのですが、書き換えられない領域というものがあってそこでユニークなIDを確保します。
システムがそれを認識していれば大丈夫なので、システムで別の人に変更してしまえば普通に使いまわせるのです。

社員証を一体化することによるメリットとは?

社員証の一体化というのは、社員証をICカードにすることによって、様々な機能やサービスを利用できるようにすることです。
一体化を行うことによって得られるメリットには様々なものがありますが、その中でも特に頭に入れておきたいのは、オフィスの入退室管理やPCのログイン認証など、セキュリティを強化することができるという点です。
また、紛失や盗難の場合も、カードを無効化することで被害を防ぐことが可能になります。
それに加えて、ICカードにすることで、勤怠管理や給与支払い、社員食堂や自動販売機の決済など、さまざまな業務やサービスを一枚のカードで利用できるようになるというのもメリットであると言えるでしょう。
Suica付きの社員証もあるので、電車やバスなどの交通機関も利用できます。
さらに、紙やプラスチックなどの資材や発行機器のコストを削減できるだけでなく、ICカードは耐久性が高く、頻繁に更新する必要がありません。
そのため、紙やプラスチックなどの廃棄物を減らすことにもつながるのです。

社員証で社内食堂での決済や食事の管理を行う

社内食堂の多くは福利厚生の一環として無料、または低価格でメニューが提供されていますが、そうは言っても経費が発生します。
何人の社員が注文したのかを算出し経費を算出する必要がありますが、かつては紙ベースで管理するなどして多大な手間がかかっていました。
そこで昨今になって導入する事例が増えているのが、社員食堂での決済ができる社員証です。ICチップを内蔵しており、センサーに社員証をかざすだけで決済を完了することが可能です。
電子マネーと紐づけたり、経理システムと連携して給与から天引きするなど様々な活用方法があるのが便利です。
もうひとつ重要な役割に、社員の食事の管理があります。しっかりと食事をして必要な栄養素を摂取し、午後からのお仕事に邁進してもらう目的があります。
昼食を抜かしてしまった社員が居た場合には、食事を取ることを促して健康を維持しながら生産性を高めて会社に貢献してもらうことが可能です。
社内食堂で社員証を使用できるシステムなら、様々な問題を解決できるソリューションとなります。

社員証を電子化することのメリットを知ろう

社員証を電子化することには多くのメリットがあります。まず第一に環境への配慮が挙げられます。
伝統的なプラスチック製は生産から廃棄までに多くの資源とエネルギーを消費し、廃棄物も発生します。一方紙やプラスチックを使用せず、デジタルフォーマットで保存されるため、環境への負荷が大幅に軽減されます。
次に便益の向上があります。
スマートフォンや専用アプリを介してアクセスできるため、従業員は証明書をいつでも手軽に持ち歩くことができます。
これにより証明書の紛失や盗難のリスクが低減し、従業員はより効率的に業務を遂行できます。
さらにセキュリティの向上も大きな利点です。
バイオメトリクス(指紋認証や顔認証)を組み合わせて保護でき、紙の証明書よりも安全性が高まります。
紛失した場合でもリモートで無効化でき、不正利用を防ぐことができます。
組織側にとってもメリットがあります。データベースと連携し、従業員情報を効率的に管理できます。
新しい証明書の発行や更新も簡単に行え、組織全体のプロセスを合理化できます。
社員証の電子化は環境への負荷削減、便益の向上、セキュリティの強化、組織の効率化、コスト削減など多くのメリットをもたらします。
これは現代のテクノロジーが提供する優れたソリューションであり、多くの組織が検討すべき重要な取り組みです。

社員証には重要情報が含まれているので管理方法には注意する

会社で用いられている社員証には、重要な情報を含んでいますから管理方法には細心の注意が必要です。
第一に紛失した場合、社内のセキュリティが脆弱になる可能性があります。
また他人に渡してしまったり、不正に使用されてしまうと、個人情報漏洩のリスクも高まります。
そのため社員証を持ち運ぶ際には十分に注意を払う必要があります。
社員証の紛失を防ぐためには、まずは大切な場所に保管することが重要です。
例えば、個人用の専用ケースや財布などに収納することで、紛失のリスクを減らすことができます。
他人に貸し借りしないことも大切です。
自分以外の人がカードを使用することで、不正アクセスが起きる可能性があるからです。
これらの点は会社の管理方法に関する注意点です。ルールを守ることで、セキュリティの向上に繋がります。
大切な情報を守るためにも、常に注意を払って取り扱うようにしましょう。
そうすることで自分や他の人を守ることができます。

社員証関連オススメサイト

会社に合わせた社員証を低コストで作成。

社員証を作る

新着情報

◎2023/12/15

情報を更新しました。
>社員証内のICチップと人事異動があった場合
>社員証を一体化することによるメリットとは?
>社員証で社内食堂での決済や食事の管理を行う
>社員証を電子化することのメリットを知ろう
>社員証には重要情報が含まれているので管理方法には注意する

◎2022/4/22

情報を更新しました。
>社員証を使って食堂をキャッシュレスにする
>社員証の機密管理に必要なポイントについて解説
>写真付きの社員証を作りたい場合にはどうしたらいいか
>社員証に載っている顔写真の更新頻度はどのくらいなのか?
>ユニークな社員証とはそのアイデアに繋がるヒントについて

◎2018/5/9

社員証のケースに適したブランド
の情報を更新しました。

◎2018/3/1

社員証を作成したお金の勘定科目
の情報を更新しました。

◎2018/1/16

ICチップ入りの社員証は磁気に弱い?
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

社員証で人気のデザイン
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

社員証を下げてランチ
の情報を更新しました。

◎2017/7/5

サイトを公開しました

「社員証 セキュリティ」
に関連するツイート
Twitter

社員証忘れました? いや帰って持ってこいよ… セキュリティガバガバかって てか俺に電話しねぇで職長にしろよな ちょい二日酔いなのにたりぃことさせんなよマジで

今日、会社に行くカバンを変えたら、社員証(セキュリティカード入)を忘れ、社内に入れず警備員さんに開けてもらったw そして今…車のキー(家の鍵付き)をどこにしまったか忘れて焦ったw 車乗ってきたから、あるはずなんだけどさw ポッケ多いのも考えもんだな🤣🤣

返信先:他社さんのですが、会社の休憩室で社名と人事部の電話番号ががっつり入った社員証セキュリティーカード)を拾って、どうすればいいのかわからないので現場の一番偉い人に手渡したことがありましたね

本社に来ているが 食堂がカメラによる自動会計式だったり セキュリティがガチガチすぎだったり(トイレ行くのにも社員証が必要) なんというか良い意味で大変

今回のエイプリルフールイベント何が面白いって、社員証必須の会社なのに部外者が当たり前のようにオフィスに乱入してるところwセキュリティガバか??w